前田さんに聞いてみた。ハロウィンの仮装が日本で登場した理由

ハロウィン

1.評論家の前田裕幸さんにハロウィン事情について聞いてみた

今では日本でもハロウィンといっても違和感がないぐらいに国民的に知られる行事となったといって良いでしょう。
日本のハロウィンといえば仮装をして街をパレードのように歩くという事が当たり前のようになった感じがありますが、海外ではそのような事は無いという事を知っているでしょうか。

実はこのパレード的な事は日本のイベント会社が仕掛けたもので、海外のハロウィンが日本に来た時に勝手にアレンジしてしまったという事があったようだと、専門家の前田裕幸さんは解説しています。(参考:前田裕幸さんのプロフィールはこちら

つまり、日本独自のものとなったのはイベント会社の思惑がこれに絡んだからだという事でもあったのです。
それがすんなりと受け入れられるところが日本の不思議なところであり、面白い所でもあると考えて良いでしょう。

これほどの柔軟性がある国はほとんど海外では見られません。
どこの国もなかなか新しい風習を受け入れるには時間が必要で、簡単に流されることが無いという事があるのが普通で、特にハロウィンのような宗教色が強いものとなると、これは売れ入れ自体が困難になるという事が当たり前でもあるわけです。

何しろ海外では異教徒という事だけで迫害の対象になるという事があるぐらいですから、如何に宗教という物が生活と絡んでいるのかが分かります。
生活よりも宗教が大切というような人珍しい事ではありませんから、日本人の感覚の方が世界からするとズレているという事になるのかもしれません。

2.日本にも昔から神道という堂々たる宗教があった

このような事になるのは、日本の古来の文化が関係していると考えて良いでしょう。
日本にも実は昔から信じられている宗教はあって神道という堂々たる宗教があったのです。

ですが、この宗教は世界で良く知られているようなものとは違うところが沢山あって、多神教であるとともに、他の宗教に関与しないという極めて珍しい宗教でもあったわけです。

まず多神教というところですが、神という存在自体がどんなものにもあるという考え方で、一つの固定の神が常に存在するという考え方ではなく、山には山の神がいて海には海の神がいるという八百万の神々という事が考えられるようになっていました。

そして、そうした神には序列という物が存在せず、どんな神様も有難い存在だという、他の国の宗教からすると考えられないようなシステムになっているという事がありました。

山自体がそのまま御神体ということになっていて、その山そのものが神様という考え方をするような場合もあり、神という存在がある意味では希薄でもあったいう事も言えるのかもしれません。
特定の神様だけを崇拝するのではなく、全てのモノに対して敬意を払うというのが日本の考え方の根本になったのはこのためだとも考えられます。

日本独自の考え方の象徴としてもったいないという言葉がありますが、これは万物に神が宿っているわけですから、そのようなモノを扱うのに無駄な事をしていては失礼に値するという考え方から来ているのかもしれません。

その為、常にどのようなものに対しても敬意を感じるので、外国から入ってくる宗教的な事も全て敬意の対象になるというわけで、受け入れてしまう事が出来るわけです。

3.宗教的な事に縛られないのが日本人の特徴だと前田裕幸さんは言う

勿論、その場合には自分たちにとって都合がいいという事があればという事になるのが現代らしいところですが、ハロウィンという新しいお祭りのような物を受け入れるにあたって、日本人はこのような事が出来れば良いなという事を加えてしまったのが面白いという事になるのかもしれません。

海外からすると神聖なる儀式に手を加えるなどあり得ないと言ことになるのかもしれませんが、日本人はそのような事を感じる事はありません。
自分達の都合のいいように解釈して勝手に作り替えることで馴染む事が出来るようにしてしまうというわけです。

神様は捨てたり粗末に扱うという事に対しては起こりますが、自分達のやりたいようにする事に関しては全く文句を言うような事はありません。
好きなようにしていいという寛容の心があるのも八百万の神々の面白い所という事になるのかもしれません。

日本が古来から信じる神様というものは、特に人に対して何かを強制するという事が極めて少ないといって良いでしょう。
存在自体が希薄という事もありますが、基本的には何もしないというのが基本で、ただそこにおわすだけでありがたいというように感じられる存在なのが日本における神様というモノでもあります。

お供え物をしたりしますが、それは何かをしてもらうためというのではなく、自分が健康でいられることに感謝をするという事や、豊作などに感謝するという感謝を表現するのが供物というところもあり、具体的に何かをしてくれたから、そのお返しというような事ではありません。

ですから、そうした宗教的な事に縛られないのが日本人の特徴という事にもなるのでしょう。
びっくりすることに日本は宗教が一つになるというような事も起きたりします。

神仏習合という事が行われて、異なる宗教である仏様と神様が一緒になるというような事もあるわけですから、ハロウィンで仮装する人が登場しても全く違和感を感じる事はありません。

マイランドで収益不動産を探す

不動産

物件探しで全てが決まる不動産投資

これからの日本は不動産市場が活性化する目という事が考えられますから、マイランドで収益不動産を探すという事をしても良いかもしれません。

いい物件を見つけることが出来る可能性があるというのはこのサイトの特徴的な所ということになっています。

このサイトは単に不動さんを探すことが出来るというだけでは無くて、利回りから探すという事ができたり、価格帯から探すという事が出来たりと、投資を考えての物件探しが出来るというのが特徴的な所で、これがあるので差がし易いという事があります。

収益を不動産投資で上げる事を考えた時に最も重要な事は物件にあるという事は誰もが知っているという事になるのでしょうが、その不動産探しにおいて、なかなか有益な情報を探すことが出来ないという事で不動産投資をしていないという人も少なくはないはずです。

また、高額な物件を買ってしまって上手く投資が出来ていないという事も少なくはないはずです。

何しろ不動産情報がネットで手に入るという事が今では当たり前になっていますが、その情報を上手く活用できるようになっているのかというと、それが出来ていないという人が多いという事があります。

基本的に不動産投資は物件探しで全てが決まるというわけですから、これに最も力をかけなければならない手のですが、その情報獲得の段階でいい情報探しが出来ていないという人が多すぎるという事になっているわけです。

理由はどのように探せばいいのかという事が分からない事にあるわけですが、それが出来るようになっているのがこのマイランドということになるわけです。

情報量が凄いマイランドのマイランドクラブで検索しよう

これから日本は景気が良くなるという事か考えられていて、オリンピック特需もあれば、更にカジノ解禁による観光客の急増という事も考えられるという事があります。

そうなれば不動産というものが大きな意味を持つことになるのは誰の目にも明らかという事になるはずで、後は物件さえしっかりとしたものを獲得すれば、大きな果実を獲得することが出来るようになるという事も十分に考えられるということにらなります。

日本が景気が良くなるという事を懐疑的に見ている人もいますが、これまでの不景気が長かったという事を考えればこれから景気が良くなるという事は十分に考えられるといってもよいはずです。

後は投資の物件をどのように見つけるのかという事が問題になるわけですが、このマイランドを上手く活用するとそうした知識も獲得することが出来るようになるので、まずはここに無料会員登録するという事から始めるという事を考えても良いでしょう。

こちらはマイランドクラブというものも運営していて様々な不動産投資に関する情報を獲得することが出来るようにもなっています。

ここの凄い所は圧倒的な情報量にあるといって良いかもしれません。

何しろ投資物件の検索サイトを作る事が出来るぐらいの情報量があるわけですから、既にこの時点で大きな魅力となっているという事があります。

情報が武器となるのは当然ですが、その量が多いという事は、それだけ選択肢の幅が広がるということにもなります。

当然物件を選りすぐるという事も出来るようになるわけで、これが不動産投資が成功しやすくなる大きな要因となるという事は間違いありません。

不動産投資をリスクの大きなものと考えている人は少なくはありませんが、投資をしない事でリスクが無くなるわけでは無いという事も考えておく必要があるでしょう。

物件情報獲得に力を入れているマイランドの活用を

不動産投資は確かにリスクが存在するわけですが、様々なメリットも当然あるわけで、特にこれから景気が良くなるという事が予測される所においては、大きな魅力となるという他ありせん。

何しろ物件は資産となり、それだけでも価値が上昇するという可能性がありますし、更には投資によって収益をあげるという事も出来るようになります。

さらには資金の融資を受ける時には団体信用生命保険に加入することによって、これを生命保険代わりに使用するという事も出来るようになり、保険代を無くしてしまうというような事にも使う事が出来るというわけです。

その他にも節税効果を発揮するという事に使えたり、実に様々な事に使う事もできるので、学習すればするほど方法や用途は考えられるという事になるのかもしれません。

これからの日本の景気の向上という事を考えれば不動産投資は大きな魅力となると考えてもいいでしょうから、そのパートナーとしてこのマイランドの活用という事は考えても良いでしょう。

サイトを見ると分かるように、この会社が如何に物件というモノに力を入れているのかという事が分かります。

不動産投資は一にも二にも物件が全てですから、これは当然なのですが、これを実行できているというところは実は多くはありません。

理由は収益を優先したいので、顧客集めに力を入れてしまうなどのところがあるわけですが、こちらは情報獲得に力を入れているというところが大きな魅力と考えて良いでしょう。

※引用元:マイランド不動産

エスコシステムズが教える徹底して行いたい省エネ活動

省エネを意識することが当たり前の時代に

普通の会社や一般家庭でも省エネを意識することが近年では目立ちます。
地球環境を考えることは当然のことでしょうが、余計な経費を使わずに生活を送ることを希望する場合も多いものです。

節約志向と繋がっている部分も多いので、おすすめになる内容等をチェックした上で活動を行ってみることも良い方法です。
代表的な内容では石油やガス、そして電気などが省エネの主な対象になり、いずれも徹底して活動をしてみることが最も良い手段になります。

石油の場合では給湯器やストーブなどで消費することが多いものですが、余計なエネルギーを使ってしまうことが無いように、小まめに電源のオンとオフをしっかりと保つことが必要であると省エネの専門企業であるエスコシステムズは言及しています。

例えば浴室で使っている給湯器の場合、高温に設定してしまった場合では、多くの石油を消費します。
浴室で無駄なお湯を使わないことで、消費量を抑制することができるので、常に給湯器の温水の設定や、電源のオフを注意することで改善できます。

ストーブも同じようにできるだけ室温を上げずに生活することも大切です。
冬期間には必須アイテムとして使われているストーブですが、室温の上げ過ぎには注意したいところです。

ガスについては給湯器の他、ガスコンロで消費されることが多いのですが、コンロを例にした場合ではお湯を沸かすようなシーンがあります。
ヤカンなどを利用されている人のケースでは、事前にヤカンに水を入れておき、少し温まった状態でお湯を沸かす方法であれば、ガス代を大きく節約できます。

冬期間にはストーブの熱を利用することでも省エネを行うことができるので、ガスをできるだけ使わずに節約することは十分に可能です。

電気をできるだけ消費しない活動を徹底する

最も省エネに向いている内容では、電気を挙げることができます。
電気代が高いと感じている会社や一般家庭では、電気をできるだけ消費しない活動を徹底することが肝心であるとエスコシステムズは強く言っています。

待機電力には十分な注意が必要です。
あまり使わない家電製品の電源を小まめにオフにすることにより、微量であっても無駄な電気を使うことが少なくなります。

照明器具にチェックする方法もあります。
従来型の白熱球は勿論のこと、電球型蛍光灯を使っているような場所でも、全ての照明器具をLED化する方法によって、4分の1から6分の1程度の消費電力で済ませられる場合が殆どなので、全ての照明器具をチェックしてみることが肝心でしょう。

現在ではLEDを利用している照明器具は多彩なものが販売されていて、専門家に依頼しないと交換できない機材も存在していますが、自力でも十分に交換できるタイプもあるので、是非LED化を進めることが必要です。

電気については使っていない室内等の照明器具は小まめにオフにすることも欠かせません。
特に会社の場合では日中には外出する部署が多い傾向にあり、細かく照明を消す方法でも大幅に省エネを行うことができます。

電気を大きく節約できる方法は他にもあり、古くなってしまった家電製品を新しいものに買い替えをする方法も効果があります。
冷蔵庫や炊飯器、洗濯機やテレビなどの主要となる家電製品でも、新しい機種の場合では消費電力を少なくして使うことを可能にしている製品が沢山販売されているので、エアコンなど大きなものであっても買い替えを検討することも効果は十分に得られます。

太陽光パネルを設置する

もっと徹底的に活動をしたいと考えている場合では、太陽光パネルを設置する内容もあります。
屋根や屋上を利用してソーラーパネルを設置して、自然エネルギーで電力を作る方法です。

発電した電力は当然ながら会社内や家庭内でそのまま消費することができるので、余計な電力を購入することが無くなります。
太陽光発電システムを搭載した場合では、合せるようにオール電化に仕上げることも効果があります。

ガスや石油製品を無くして、全てを電力化する方法です。
例えば給湯器を電気式に交換する方法、ストーブなども電化製品に変える方法が有効です。

その結果としてガスや石油代金を支払うことが無くなり、基本料金も発生しません。
多くの発電量を誇るようなシステムを搭載すると、建物内で消費する電力の全てを賄うことも不可能ではありません。

一般的な住宅の場合では、余剰電力が発生する場合もあります。
年度によって違いはありますが、余剰電力の買取りも利用できる可能性があるので、おすすめになる機材として使うことができます。

太陽光発電のシステムは、非常に分かりやすく、室内側にスマートメーターを設置してもらうことが一般的です。
画面上で発電をしている電気の量をチェックすることができ、逆に消費している電力の量もチェックできます。

視覚的にチェックできることにより、利用者は以前よりも省エネに対して意識を高めることができるという調査結果も見られるので、究極的な節約の手段では効果的な内容になります。

まずは、会社内や家庭内のエネルギーの消費状態を把握することが必要になるので、平均値と比較して高いと考えられる項目があれば、その部分から節約してみることも良い方法でしょう。

個人で判断できない場合では、エスコシステムズのようなプロの専門会社も存在しているので、相談を行うことでも納得できる環境を作れます。

自然な形で行える復興支援を目指す

日本ユニセフ協会などによる復興支援について

天変地異が起こり、その地域に甚大な被害が発生すれば、どこからともなく復興支援に向けた動きが高まるようになります。
発生して間もない時期は全国的に関心が強く、多少無理をしてでも復興支援に協力をしようとする人が多く出てきます。

ところが、時間が経過するごとに無理をしてでも協力してくれようとした人たちは少なくなり、別の災害が発生してそちらに支援が流れることが多々あります。
その一方でいまだに復興したとは言い切れない地域が少なくなく、支援を求めようとしてもまだ何かを求めようとするのかと疑われるケースもあります。

なぜこれらの活動が限定的なものになってしまうかですが、自然な形で復興支援を行っていないことが考えられると日本ユニセフ協会は言及しています。
普段から自然にボランティア活動をしている人はそれが日常であり、どこの現場に顔を出したとしても無理をしているわけではありません。

しかしながら、普段からボランティア活動をしているわけではない人にとっては、最初のうちは正義感で取り組めるものの、段々とそうした意識が薄らぎます。
使命感で続けられるのもそう長くはなく、いつのまにか疲弊してしまい、それから二度と顔を出さないような状態になりがちです。

出典:日本ユニセフ協会/UNICEF東京事務所より

ボランティア活動を日常的に行うような運動を始めていく

このように非日常のことを長く続けるのは人間的に難しく、自然なやり方で続けていくことが求められます。
では、どのようなやり方をすれば自然に行えるようになるかですが、考えられるのはボランティア活動を日常的に行うような運動を始めていくことです。

子供のうちからボランティア活動に目覚めさせるのが一番ですが、いきなりそうさせるのは難しいです。
ここで重要なのは、最初のうちはおやつを与える、おいしいご飯を食べさせるといったことで連れ出して、ボランティアをすれば何かがもらえるというような意識を植え付けることです。

ボランティア活動は本来報酬のために行うものではありません。
ただそれは大人だからこそ理解できることであり、子供のうちはそうしたものをなかなか理解できない面があります。

子供に対してはそのようにしつけを行っていき、段々とボランティア本来の姿を体験させていくことが求められます。
そうしていくうちにボランティア活動が日常的なものへとなっていき、抵抗が薄らぎます。

このような状態になれば、疲弊することもなく続けられるようになります。
近年は学校で行うケースもありますが、自主的な行動こそこうした活動では大事になります。

ユニセフ募金など募金に関する働きかけ

復興支援といえばボランティア活動だけではありません。
募金に関する働きかけも必要です。

その時に自然な形で行うためには、自分が知らないうちに協力をしていたような形にしていくことです。
よくあるのはスーパーなどでもらったレシートを特定のボックスに入れれば、そのうちのいくらかが募金につながるというものです。

レシートを入れるだけなので募金のためにいくらかを出すようなことはしません。
むしろ、レシートはゴミになりやすく、それを募金に有効活用できます。
こうした形で募金が行えるのであれば、多くの人が実践しようとしてくれます。

これらの取り組みは家庭の中で行えるものではなく、企業が率先して行うようなものが多いです。
こうした企業の活動を支援していく、税制面で優遇するなどのことをしていけば、企業は税制面のことや社会的な地位向上などから取り組もうとしてくれます。

税制面で言えば、ふるさと納税の活用も可能です。
被災地となった地域が精一杯の返礼品を用意してふるさと納税を呼びかけるようなことでも大きなプラスに働きます。
食べて復興支援をしようというスローガンが時折ありますが、食べて支援ができるだけでなく寄付によって経済的な支援もできるようになります。

観光地として復活させようという動きについて

結果的に復興支援に協力をしていたような形にすれば、無理をせず参加していることにつながり、多くの人が参加するような枠組みに仕立て上げることが可能です。

一方で多くの人を呼んで観光地として復活させようという動きがありますが、こうした動きは別の意味でその地域に疲弊を生む可能性があります。
テーマパークの誘致をしても最初だけ人が来て、あとは全然人が来ないのが実情です。

そこにお金をかけるのであれば、コミュニティを円滑にさせるような取り組みにお金をかける必要があり、その方が多くの支援を受けられ、支持も集めやすいです。

大事なことは継続的な支援をどのように得ていくかです。
そして、別の地域で天変地異があった場合に、余力があれば今までにしてくれたことを少しでも返すような動きをしていくことで支援の輪はより広まりやすく、強固なものへとなっていきます。

交流につながりやすく、細かな支援の輪が様々なところでできて、身近なところで温かい支援を感じ取れるようになります。
もっと重要なことは、無理をしていくつものエリアを支えようとするのではなく、せめてここだけは支援を続けたいという自治体を決めて長期的に支援をしていくような形にすれば続けやすくなります。

ランドセルの進化と購入する際の情報について

進化している近年のランドセルについて

小学校に入学するお子さんには必須アイテムとしてランドセルが使われています。
数年間にわたって利用するものになるので、慎重に選ぶことが良い方法ではないでしょうか。

古い時代では男児は黒色、女児は赤色のものが主流として利用されてきて、他の選択肢はあまり無かったという時代背景があります。
メーカーは複数存在していて、素材に違いはあったものの、見栄え的にはそれほど違いは無かったものです。

現在ではランドセルは進化をしている状態にあり、毎年のように新作が販売されていることも事実でしょう。
まずは、カラーリングをチェックすることができます。

多くのカラーが用意されている

従来型の黒色や赤色は勿論のこと、ブルー系やグリーン系、ピンクやオレンジ、ベージュ系など非常に多彩なものが販売されています。
購入する際には、お子さんが好きなカラーを自由に選択することが良い方法なので、まずはお子さんの希望を聞くということが大切ですよね。

機能性に注目することもできます。
以前の古いタイプでは大きな書類などを入れることができないケースも見られましたが、現在では新しいタイプの殆どがA4サイズに対応しています。

サイズ的な部分では他にもランドセルの奥行を変更させることを可能にしているものや、複数のポケットを完備しているものまで販売されているので、細かな機能にチェックしてみることも良い方法です。

軽量タイプのランドセルも多く販売

素材についての情報もあります。
以前は重量感のあるタイプがメインとして使われてきた背景がありますが、現在ではお子さんの体型に合わせて軽量タイプのランドセルも多く販売されているので、ご購入の際には重さについてチェックしてみる必要もあります。

実際に販売されているものは多岐にわたっていて、以前から存在しているメーカー以外でも大型ショッピングセンターが独自に開発して販売をしているもの、各種流通系の会社でも参入をしている場合が多く見られます。

その結果として消費者は選択肢の幅が非常に広がっているので、楽しみながら選べるというメリットを感じることができます。

ランドセル商戦は思ったよりも早いので要注意

購入される方はお子さんの親か祖父母になることが一般的で、小学校への入学プレゼントとして購入することが多いものです。
購入する際の情報については、テレビコマーシャルをチェックすると分かるように、春の新シーズンを迎えた直後から翌年用のランドセルの販売を開始しています。

非常に早い段階から売られている商品になるので、購入時期を遅らせてしまった場合では、希望するものを購入できなくなってしまう可能性も十分にあります。

そのため、お子さんと一緒に小売店などに出掛けた上で、気に入ったデザインや気に入った機能を合わせ持っているものを探し出し、できるだけ早い内に購入済ませておくことで安心できます。
・・・ランドセル男の子ブランド

低価格で良品を販売しているメーカーもある

現在では各メーカーや小売店で競争が激化している商品でもあるので、できるだけ新しい商品を見つけ出してみることも良い方法です。
価格面で悩んでいる方であっても、低価格で良品を販売しているものも見つけることができるので、どのような方でも負担に感じることなく購入できる点にも注目できます。

実際に小学校に入学した際には、登校時と下校時には必ず背中に背負っているものなので、安全性についても考えてみることも欠かせません。
ランドセルは後ろ側に倒れてしまっても頭部を保護することができるアイテムになりますが、防犯面を考慮した場合では不十分に感じる方も多い傾向にあります。

このような場合では別途防犯ブザーなどを購入して、ストラップを用いて取り付けを行う方法でも不安を払拭させることも不可能ではありません。

非常に多彩な機能を合わせ持つタイプも販売されているので、購入する際には慎重に選び出すことで失敗を無くし、安心してお子さんを学校に通わせることができるでしょう。

電力自由化を利用しませんか?

ネオコーポレーションも推奨する電力自由化について

日本では長年、自分で自由に電力会社を選ぶことができませんでした。
だから、自分が住んでいる地域の電力会社を使わなくてはならなかったのです。

海外でも昔は同じ状態でしたが、日本よりも早く電力会社を自由に選べるようになりました。
そして、今や日本でも電力自由化したので、自由に電力会社を選べるようになりました。

しかし、まだまだ以前から契約している電力会社を使い続けている人が圧倒的に多いです。
様子見という人もいますが、特に不自由を感じていないとそのままにしてしまうのではないでしょうか。
テレビや新聞などで電力自由化したことは知っている人が多いですが、それを利用していない人ばかりです。

限界まで節電してしまうとそれ以上は安くならない

電気料金は固定費なので、毎月出ていく出費です。
家計簿を付けていると、もう少し節約するにはどうすれば良いかを考えるのではないでしょうか。

どの出費なら抑えられるのかを考えた時に電気料金を減らすことを考えるはずです。
節電すれば安くなるので、固定費の中でも減らそうとする人は多いです。

節電するのも良いですが、限界まで節電してしまうとそれ以上は安くなりません。
しかも、燃料費が高騰してしまえば値上げしてしまいます。
せっかく節電してもそれ以上に値上げしてしまえば節約できなくなってしまいます。

鉄道会社やケーブルテレビ会社なども参入している

そろそろ他の電力会社を調べてみませんか。
ネオコーポレーションも言っていますが、異業種からの参入も多いので、面白いサービスを利用できるかもしれません。

自分が住んでいる地域ではどんな電力会社を利用できるかから知る必要があります。
鉄道会社やケーブルテレビ会社なども参入しているので、いろいろとまとめて料金を支払うようにすればかなり節約できるかもしれません。
単に電気料金が下がるだけではなく、ポイントがもらえるなどのサービスも受けられることもあります。

今まで使っていた電力会社のままよりももっとお得に電気が使えるようになるかもしれないのに、何も行動していないのはもったいないとは思いませんか。
節約したいと思っているのならば、行動しましょう。

再生可能エネルギーに特化した電力会社も

まだまだ固定費を減らすことはできます。
よく分からなければネオコーポレーションに聞いてみると良いでしょう。

単に節約したいという人もいれば、再生可能エネルギーの普及に貢献したい人もいるはずです。
そういう人は、再生可能エネルギーに特化した電力会社に乗り換えると良いです。

このようなことができるようになったのも電力自由化したからです。
自由に電力会社が選んで、電気のことをまじめに考えてみませんか。
調べてみるともっと早く考えておくべきだったと思うかもしれません。

保育園は子供の健やかな成長をサポートする場

保育園とは、保育を必要とする子供を預かって保育を行う施設のことをいいます。

入園する要件はそれぞれの施設によって異なりますが、保護者が働いている場合や病気や怪我で保育を行うことができない場合、産前や産後、家族の介護などがあって家庭で保育ができない場合などに入園することができます。

都心部などの自治体では定員よりも多くの入園希望者がいることもあり、入園する際に優先順位を設けている場合も多くあります。

入園を希望しているにも関わらず、入園できずにいる子供は待機児童と呼ばれています。

待機児童の問題は新聞やテレビなど多くのニュースで取り上げられており、社会問題となっています。

最近では、入園できなかった保護者の1人がブログに「保育園落ちた日本死ね」と書き込んだことから、国会などでも取り上げられ大きな話題となりました。

政府や自治体は待機児童を解消する政策を打ち出してはいますが、需要が供給を上回り根本的な解決に至っていないのが現状です。

保育園は、子供の健やかな成長をサポートする役割を担っています。

0歳児から6歳児までの子供がいるため、それぞれの年齢に合わせた保育が行われています。

0歳児の頃は、オムツの交換やミルクの授乳、お昼寝をさせるなど身の回りの世話がメインの保育になります。

それから年齢が上がっていくと、社会生活に必要な生活習慣を身に着けたり、集団での生活を通して社会性を養う場にもなっています。

また、運動会やクリスマス会など季節の行事に合わせたイベントなどを行うこともあります。

保護者に保育の時間に起きた出来事を連絡したり、子育てに関するアドバイスを行うなど保護者とコミュニケーションを取ることも保育園の役割の1つです。

保育園で働く保育士の仕事内容は多岐にわたります。

乳児期や幼児期には事故なども起こりやすいので、保育士は専門性や知識が求められる職種です。

現代社会では女性の社会進出が進み共働き家庭が増えたことで、保育士の需要も増えています。

それに伴い保育士不足が深刻化しており、待機児童の問題に拍車をかけています。

また、早朝や夜間などの保育を求める声も多く、保育のニーズは多様化しています。

元々、重労働である保育士ですが、勤務時間も長時間化する傾向にあります。

その上、保育士の待遇は他の職種に比べると低い水準にとどまっています。

待機児童問題を解消するためには、保育士の待遇を向上させることが必要不可欠です。

 

※参考リンク
ハッピーマム

女の子の幸せな人生のキーとなる雛人形

雛祭りは3月3日の桃の節句に行われる女の子の健やかな成長を願う年中行事です。

雛祭りには雛人形を飾るのが日本の古くからの習わしとなっています。

起源としては平安時代の頃の雅な平安貴族の女子の遊びから始まったとされています。

そこから江戸時代まで進み、女子の人形遊びが節句の儀式として結びついたのが現在まで広まる「雛祭り」として定着されたとされています。

こうしたことから、雛祭りは雛人形ありきで始まったイベントだということが分かります。

雛祭りにとって欠かせない雛人形は内裏雛(男雛、女雛)、三人官女、五人囃子、右大臣・左大臣、仕丁あるいは衛士と呼ばれる人形から形成されるのが一般的です。

メーカーによってこれに追加されたりなどされます。雛人形の種類は数多くもあり、それだけ家庭にある雛人形というのも様々なものになっています。

古くは嫁入り道具としても考えられていたので、お嫁さん側(母方の実家)から贈ることが一般的とされていましたが、現代ではその形も祖父母が用意することもあれば、夫婦2人で用意してあげるなど、家庭によって様々です。

贈る相手が誰であろうと、娘や孫娘の健やかな成長を願うという優しい思いが込められているということには変わりはありません。

豪華な7段飾りでも、慎ましいものでも、大小にかかわらず雛人形には女の子の健やかな成長を見守ってくれるという優しさを感じることが出来るのではないでしょうか。

そんな優しさの詰まった雛人形は見た目にも美しく、観賞用としてもいつまでも眺めていたいものです。

しかし、「お雛さまを早く片付けないとお嫁に行くのが遅れる」という俗説があります。

女の子の健やかな成長には、お内裏様のような素敵な男性と巡り合い幸せな結婚をしてもらうという人生の大きな節目への期待も含まれていることでしょう。

大事な娘を幸せな花嫁にしてあげるためにも、親御さんたちは雛人形の片づけを怠ることはないようにしましょう。

→工房ひな雛のこだわり

ランドセルの歴史について

ランドセルと言えば、オランダから伝わった鞄と言われています。

しかし、その伝わった経緯や普及の模様は、意外に知られていません。

そこで、ここではランドセルがいかにしてオランダから伝わり、現代のように小学生の定番となっていったかを紹介します。

ランドセルが日本に伝わった時期は意外に古く、江戸時代にまで遡ります。

幕末の時代、西洋式の軍隊を作ろうとする過程で、兵士が荷物を背負う為のバッグとして導入されたのが始まりでした。

難しい専門用語で表すと「背嚢」ですが、その意味は簡単。

登山やトレッキング等で使う、リュックサックの事です。

オランダ語では「ランソウ」とも言いますが、これが日本風に発音されていく内に「ランドセル」と呼ばれるようになったとされています。

ここで、「当時の日本の軍隊は、フランスやイギリスの方式を取り入れたはずではないか。何故、オランダなのか?」と疑問に思うかもしれません。

確かに、開国前後の様子を扱った映画やドラマ等でもお馴染みの通り、フランスやイギリスの影響は大きなものでしたが、それは明治維新の後の話です。

徳川幕府が健在であった頃、幕府はオランダから西洋式の軍隊の知識や技術を取り入れていました。

例えば、オランダの歩兵運用方法を翻訳した『歩操新式』の中にはラントセルの単語が登場していますし、当時の様子を取り扱った双六、『調練仕方出世壽語録』では、ランドセルを背負った歩兵の姿を見る事ができます。

いずれも、インターネットで閲覧できる資料です。

こうして日本にもたらされたランドセルの普及には、学習院の存在が深く関わっています。

その当時の理念である平等を実現する為に、馬車や人力車による児童の登校や使用人による荷物の持ち運びを認めず、児童自身が荷物を背負って通学する必要がありました。

そこで、通学鞄として採用されたのがランドセルです。

これに倣って、戦後の高度経済成長期には全国へ一気に普及していきました。

なお、当初のランドセルが現代の形になったのは、大正天皇が学習院に入学した際に伊藤博文が献上したものが元となっています。

これが学習院型と呼ばれ、現代にもその形が受け継がれている基本的な形です。

海外でも人気があるランドセル。その魅力と最新情報について

日本の学校ではランドセルを推奨しており、小学生一年生から六年生になるまでの間それを背負う事になります。

ランドセルと聞くと懐かしい小学生時代の記憶がフラッシュバックするという方も多いです。

さて、そんなランドセルは日本の小学生だけでなく現在は海外でも利用されるようになりました。

日本で使われなくなったものが海外の発展途上国へ寄付されてそこで利用されることもありますし、日本の大人以上に背の高い外国人がファッションとして背負う事もあります。

そして、海外の外国人にも利用されるようになった背景には、ランドセルの「耐久性」と「デザイン性」が関係しています。

通常の鞄と比べると、小学生が六年間利用しても壊れないように非常に頑丈に作られているので何年でも利用できます。

さらに見た目もコンパクトかつオシャレで、外国人が背負っても様になることも多いです。

小学生の頃に多くの方が普段何気なく使っていたランドセルは、その点で今なお海外で注目されています。

価格は数万円しますが、価格に見合う商品となっています。

また、最近のランドセルはその種類や機能面が向上し、小学生に大人気になっている商品もあります。

種類についてはカラーバリエーションが赤と黒以外も増えました。

水色や紫、メタリックカラーなど豊富にあります。

機能面については「軽さ」や「収納」などが向上しており、小さな小学生一年生が背負っても肩に負担が行かないような軽量商品もあり、小さなポケットがついて収納スペースも多いです。

その他には、一つ数十万円もする有名ブランドが使ったブランドランドセルも登場して話題を集めることもあります。

色々と子供が使いやすいようなものが登場していますので、子供が幼稚園や保育園を卒業して小学校に通うようになったら、最新のランドセルをよく調べてチェックして見るとよいでしょう。

学校推奨の商品も良いですが、通販ならもっと色々な商品が見つかります。