女の子の幸せな人生のキーとなる雛人形

雛祭りは3月3日の桃の節句に行われる女の子の健やかな成長を願う年中行事です。

雛祭りには雛人形を飾るのが日本の古くからの習わしとなっています。

起源としては平安時代の頃の雅な平安貴族の女子の遊びから始まったとされています。

そこから江戸時代まで進み、女子の人形遊びが節句の儀式として結びついたのが現在まで広まる「雛祭り」として定着されたとされています。

こうしたことから、雛祭りは雛人形ありきで始まったイベントだということが分かります。

雛祭りにとって欠かせない雛人形は内裏雛(男雛、女雛)、三人官女、五人囃子、右大臣・左大臣、仕丁あるいは衛士と呼ばれる人形から形成されるのが一般的です。

メーカーによってこれに追加されたりなどされます。雛人形の種類は数多くもあり、それだけ家庭にある雛人形というのも様々なものになっています。

古くは嫁入り道具としても考えられていたので、お嫁さん側(母方の実家)から贈ることが一般的とされていましたが、現代ではその形も祖父母が用意することもあれば、夫婦2人で用意してあげるなど、家庭によって様々です。

贈る相手が誰であろうと、娘や孫娘の健やかな成長を願うという優しい思いが込められているということには変わりはありません。

豪華な7段飾りでも、慎ましいものでも、大小にかかわらず雛人形には女の子の健やかな成長を見守ってくれるという優しさを感じることが出来るのではないでしょうか。

そんな優しさの詰まった雛人形は見た目にも美しく、観賞用としてもいつまでも眺めていたいものです。

しかし、「お雛さまを早く片付けないとお嫁に行くのが遅れる」という俗説があります。

女の子の健やかな成長には、お内裏様のような素敵な男性と巡り合い幸せな結婚をしてもらうという人生の大きな節目への期待も含まれていることでしょう。

大事な娘を幸せな花嫁にしてあげるためにも、親御さんたちは雛人形の片づけを怠ることはないようにしましょう。

→工房ひな雛のこだわり