保育園は子供の健やかな成長をサポートする場

保育園とは、保育を必要とする子供を預かって保育を行う施設のことをいいます。

入園する要件はそれぞれの施設によって異なりますが、保護者が働いている場合や病気や怪我で保育を行うことができない場合、産前や産後、家族の介護などがあって家庭で保育ができない場合などに入園することができます。

都心部などの自治体では定員よりも多くの入園希望者がいることもあり、入園する際に優先順位を設けている場合も多くあります。

入園を希望しているにも関わらず、入園できずにいる子供は待機児童と呼ばれています。

待機児童の問題は新聞やテレビなど多くのニュースで取り上げられており、社会問題となっています。

最近では、入園できなかった保護者の1人がブログに「保育園落ちた日本死ね」と書き込んだことから、国会などでも取り上げられ大きな話題となりました。

政府や自治体は待機児童を解消する政策を打ち出してはいますが、需要が供給を上回り根本的な解決に至っていないのが現状です。

保育園は、子供の健やかな成長をサポートする役割を担っています。

0歳児から6歳児までの子供がいるため、それぞれの年齢に合わせた保育が行われています。

0歳児の頃は、オムツの交換やミルクの授乳、お昼寝をさせるなど身の回りの世話がメインの保育になります。

それから年齢が上がっていくと、社会生活に必要な生活習慣を身に着けたり、集団での生活を通して社会性を養う場にもなっています。

また、運動会やクリスマス会など季節の行事に合わせたイベントなどを行うこともあります。

保護者に保育の時間に起きた出来事を連絡したり、子育てに関するアドバイスを行うなど保護者とコミュニケーションを取ることも保育園の役割の1つです。

保育園で働く保育士の仕事内容は多岐にわたります。

乳児期や幼児期には事故なども起こりやすいので、保育士は専門性や知識が求められる職種です。

現代社会では女性の社会進出が進み共働き家庭が増えたことで、保育士の需要も増えています。

それに伴い保育士不足が深刻化しており、待機児童の問題に拍車をかけています。

また、早朝や夜間などの保育を求める声も多く、保育のニーズは多様化しています。

元々、重労働である保育士ですが、勤務時間も長時間化する傾向にあります。

その上、保育士の待遇は他の職種に比べると低い水準にとどまっています。

待機児童問題を解消するためには、保育士の待遇を向上させることが必要不可欠です。

 

※参考リンク
ハッピーマム

女の子の幸せな人生のキーとなる雛人形

雛祭りは3月3日の桃の節句に行われる女の子の健やかな成長を願う年中行事です。

雛祭りには雛人形を飾るのが日本の古くからの習わしとなっています。

起源としては平安時代の頃の雅な平安貴族の女子の遊びから始まったとされています。

そこから江戸時代まで進み、女子の人形遊びが節句の儀式として結びついたのが現在まで広まる「雛祭り」として定着されたとされています。

こうしたことから、雛祭りは雛人形ありきで始まったイベントだということが分かります。

雛祭りにとって欠かせない雛人形は内裏雛(男雛、女雛)、三人官女、五人囃子、右大臣・左大臣、仕丁あるいは衛士と呼ばれる人形から形成されるのが一般的です。

メーカーによってこれに追加されたりなどされます。雛人形の種類は数多くもあり、それだけ家庭にある雛人形というのも様々なものになっています。

古くは嫁入り道具としても考えられていたので、お嫁さん側(母方の実家)から贈ることが一般的とされていましたが、現代ではその形も祖父母が用意することもあれば、夫婦2人で用意してあげるなど、家庭によって様々です。

贈る相手が誰であろうと、娘や孫娘の健やかな成長を願うという優しい思いが込められているということには変わりはありません。

豪華な7段飾りでも、慎ましいものでも、大小にかかわらず雛人形には女の子の健やかな成長を見守ってくれるという優しさを感じることが出来るのではないでしょうか。

そんな優しさの詰まった雛人形は見た目にも美しく、観賞用としてもいつまでも眺めていたいものです。

しかし、「お雛さまを早く片付けないとお嫁に行くのが遅れる」という俗説があります。

女の子の健やかな成長には、お内裏様のような素敵な男性と巡り合い幸せな結婚をしてもらうという人生の大きな節目への期待も含まれていることでしょう。

大事な娘を幸せな花嫁にしてあげるためにも、親御さんたちは雛人形の片づけを怠ることはないようにしましょう。

→工房ひな雛のこだわり

ランドセルの歴史について

ランドセルと言えば、オランダから伝わった鞄と言われています。

しかし、その伝わった経緯や普及の模様は、意外に知られていません。

そこで、ここではランドセルがいかにしてオランダから伝わり、現代のように小学生の定番となっていったかを紹介します。

ランドセルが日本に伝わった時期は意外に古く、江戸時代にまで遡ります。

幕末の時代、西洋式の軍隊を作ろうとする過程で、兵士が荷物を背負う為のバッグとして導入されたのが始まりでした。

難しい専門用語で表すと「背嚢」ですが、その意味は簡単。

登山やトレッキング等で使う、リュックサックの事です。

オランダ語では「ランソウ」とも言いますが、これが日本風に発音されていく内に「ランドセル」と呼ばれるようになったとされています。

ここで、「当時の日本の軍隊は、フランスやイギリスの方式を取り入れたはずではないか。何故、オランダなのか?」と疑問に思うかもしれません。

確かに、開国前後の様子を扱った映画やドラマ等でもお馴染みの通り、フランスやイギリスの影響は大きなものでしたが、それは明治維新の後の話です。

徳川幕府が健在であった頃、幕府はオランダから西洋式の軍隊の知識や技術を取り入れていました。

例えば、オランダの歩兵運用方法を翻訳した『歩操新式』の中にはラントセルの単語が登場していますし、当時の様子を取り扱った双六、『調練仕方出世壽語録』では、ランドセルを背負った歩兵の姿を見る事ができます。

いずれも、インターネットで閲覧できる資料です。

こうして日本にもたらされたランドセルの普及には、学習院の存在が深く関わっています。

その当時の理念である平等を実現する為に、馬車や人力車による児童の登校や使用人による荷物の持ち運びを認めず、児童自身が荷物を背負って通学する必要がありました。

そこで、通学鞄として採用されたのがランドセルです。

これに倣って、戦後の高度経済成長期には全国へ一気に普及していきました。

なお、当初のランドセルが現代の形になったのは、大正天皇が学習院に入学した際に伊藤博文が献上したものが元となっています。

これが学習院型と呼ばれ、現代にもその形が受け継がれている基本的な形です。

海外でも人気があるランドセル。その魅力と最新情報について

日本の学校ではランドセルを推奨しており、小学生一年生から六年生になるまでの間それを背負う事になります。

ランドセルと聞くと懐かしい小学生時代の記憶がフラッシュバックするという方も多いです。

さて、そんなランドセルは日本の小学生だけでなく現在は海外でも利用されるようになりました。

日本で使われなくなったものが海外の発展途上国へ寄付されてそこで利用されることもありますし、日本の大人以上に背の高い外国人がファッションとして背負う事もあります。

そして、海外の外国人にも利用されるようになった背景には、ランドセルの「耐久性」と「デザイン性」が関係しています。

通常の鞄と比べると、小学生が六年間利用しても壊れないように非常に頑丈に作られているので何年でも利用できます。

さらに見た目もコンパクトかつオシャレで、外国人が背負っても様になることも多いです。

小学生の頃に多くの方が普段何気なく使っていたランドセルは、その点で今なお海外で注目されています。

価格は数万円しますが、価格に見合う商品となっています。

また、最近のランドセルはその種類や機能面が向上し、小学生に大人気になっている商品もあります。

種類についてはカラーバリエーションが赤と黒以外も増えました。

水色や紫、メタリックカラーなど豊富にあります。

機能面については「軽さ」や「収納」などが向上しており、小さな小学生一年生が背負っても肩に負担が行かないような軽量商品もあり、小さなポケットがついて収納スペースも多いです。

その他には、一つ数十万円もする有名ブランドが使ったブランドランドセルも登場して話題を集めることもあります。

色々と子供が使いやすいようなものが登場していますので、子供が幼稚園や保育園を卒業して小学校に通うようになったら、最新のランドセルをよく調べてチェックして見るとよいでしょう。

学校推奨の商品も良いですが、通販ならもっと色々な商品が見つかります。