失敗しないランドセルの選び方

お子様が大きくなり、小学校に入学する時には様々な物を用意しなくてはなりません。

その中でもランドセルは6年間使用するものですので、失敗しないように十分に考慮して選ぶ必要があります。

ランドセル選びでまず検討する事といえば、デザインですが、これは親の好みというよりもお子様の気に入ったものを選ぶのが安全です。

以前はカラーも、黒か赤という2種類しか選択肢がありませんでしたが、最近ではピンクやブラウン系、あるいはパール色など多彩なカラーラインナップが揃っているのが特長です。

背面のデザインにも、ワンポイントのアクセントが入っている物もあり、特に女子児童用のものは可愛らしいデザインや大人っぽいデザインのものも多く見られるようになっています。

しかし、こうしたデザイン面の好みも重要ですが、6年間という長い期間使用するということから、素材の耐久性や背負心地、また重量も考慮に入れる必要があります。

デザインの見た目が良くても重量が重い物は大人ならそう気にはなりませんが、体の小さい小学生には毎日使用することで負担になってしまいます。

特に低学年の時には重さによってふらついてしまったり、転倒してしまうという危険もあります。

背負心地も同様に非常に重要で、使っている内に背中が痛くなってしまうということが内容に背面にしっかりとしたクッションがあるものを選んでおくと安心です。

子供は大人が思ってもみないような乱暴な扱い方をすることがあるので、耐久性の低い素材のものでは通学している内に壊れたりキズがついてしまうということもあります。

少しくらいのキズや使用に支障をきたさない程度のものであればそう問題ではありませんが、使えなくなってしまう様な破損をさせないためにも耐久性や防水性、キズ防止の素材を使ったものを選んでおくのも良いでしょう。

背面に反射材を使っているものなど、通学中の安全を守る機能を持ったものも多いので、事前によく調べておくと共に、実際にお子様と一緒に現物を見に行くということも大切です。

ランドセル購入時に気をつけることと購入時期

小学校に入学する前の準備として真っ先に思い浮かぶのはやはり、ランドセルです。

6年間毎日使うことを想定して、頑丈さ、デザイン性、色など、たくさんのメーカーからあらゆるランドセルが発売されています。

どんなものを、どんなタイミングで選ぶのが良いでしょうか。まず、ランドセルと一口で言っても、大きさにも実は違いがあります。

最近のものでいうと、A4サイズのクリアファイルがすっぽり入るか否かという選択がまずあります。このファイルを使う小学校は意外と多く、斜めに入れたり中で折り曲がったりしないようにジャストで入るものが好まれています。

しかし、大きければ良いというものでも勿論ありません。

大き過ぎると重くもなりますし、こないだまで幼稚園児だった子どもが背負うことを考えれば慣れないうちは危険も伴います。

程よい大きさが肝要です。

重さも大事です。

高価なランドセルは何が違うかというと機能性は当然ですが、丈夫で軽いものが多いという点です。使っている革が良いとこういったランドセルになります。値段との兼ね合い、バランスを考えて選ぶべきでしょう。

色やデザインに関しては子どもの好みもありますが、子どもは5年後、6年後のことまで考えられないので、いま欲しいものを素直に欲しがります。

キャラクターものや可愛い色を選びがちです。こうなると、少し大きくなっても使えるものが必要だと言って聞かせるのは大変です。見に行く前にある程度説得して選択肢を絞っておく必要があります。

購入時期については、早目が良いです。一番よく数が出るのは5月から8月あたりです。

これは、近年の慣例でおじいちゃん、おばあちゃんに買ってもらうため、帰省するゴールデンウィークやお盆を狙っているためで、この時期を過ぎると、人気商品は最悪売り切れて購入不可能という事態も考えられます。

注意が必要です。早めに動いて多くの商品から選べるようにしてください。

大切な子どもを守るため、防犯ブザーをつけたり住所がわかるようにしておいたりという安全への工夫もよく考えてあげてください。

腰痛でお悩みの方に

腰痛や肩こりに首が凝るなどと、痛みを感じている方はマットレスに原因がある場合があります。

朝起きると腰が痛い、肩がパンパンに張っているなどと寝ているだけで体が凝り固まってしまっている場合には、高反発マットレスで解消する事が期待できます。

柔らかすぎるマットレスや硬すぎるマットレスでは寝ている間に体が凝ってしまい、熟睡ができなかったり腰痛の原因になるために注意が必要です。

腰痛を改善してくれる可能性を限りなくマットレス選びがポイントで、体重にあった高反発のマットレスを選ぶ事によって、長時間同じ姿勢で寝ている間でも体重をしっかりと支える事ができるために腰が痛くなる原因を緩和する事が期待できます。

睡眠中に腰に負担をかけないため、寝返りをしても体に負担をかける事もなく支えているかなどと、高反発マットレスを使用する事で横たわった時に腰に負担をかける事もなく熟睡ができる様に体を支える事が期待できます。

綿の敷布団や低反発マットレス、高反発マットレスなどと寝具には様々な種類がありますが、高反発マットレスは自然な寝返りをサポートし、本来の体に備わる姿勢調節機能を整えながら寝ているうちに姿勢の歪みと腰痛を改善する事が魅力的です。

高反発マットレス
出典:http://xn--t8j4aa4nqk4b9a4m2erg2891bt73d71we.com/

肩こりや腰痛に悩んでいる方は高反発マットレスを使用する事で、高反発の素材で体の圧力がかかる場所でもマットレスに体が沈み込む事がなく、体の圧力を分散して体が痛くなりにくいために朝起きた時は目覚めよく熟睡する事が出来ます。

通気性が優れててものが多いために蒸れる事もなく、耐久性があるために一般のマットレスや低反発のマットレスよりもへたりにくく、厚みもあるので心地よく寝る事が出来ます。

寝ている間は体を支えるサポートが腰痛のケアにはポイントになります。

高反発マットレスの特徴は寝返りの打ちやすさもあり、低反発のマットレスではゆっくりと復元をするためにマットレスが体の形に沈んだまま体が沈んでしまう分、寝返りが打ちにくい特性があります。

マットレスが柔らかすぎる事で寝ている時の寝返りにも深く関係し、素材が衝撃を吸収してしまうために寝返りを打つ時に無駄なエネルギーがかかり、翌朝にぐったりと疲れが残ってしまいます。

高反発のマットレスは反発力が高いために、復元力が強く圧力がかかると強く押し返す力が働くのが特性です。

そのため、寝返りを打つ時には無駄な力がいらず、自然に寝返りを打つ事ができるために腰に負担をかける事がなく、翌朝にはすっきりと目覚める事が出来ます。

特に仕事で一日中立っている方、パソコンの仕事などで座りっぱなしなどの同じ姿勢の方は寝ている間に腰に負担をかけてしまう事で腰痛が悪化してしまう場合があるために気をつける事が大切です。

体や腰に負担をかける事もなく体を支える事ができ、寝返りもしっかりとサポートする事ができる高反発のマットレスで体の疲れや腰や肩の痛みなどもケアする事ができます。

疲れを取るのには良い睡眠がとても大切になります。

高反発の特性を生かしたマットレスで毎日の睡眠をサポートし、腰が無駄に沈む事もなく翌朝には体が軽くなる様になる事が期待できます。

マットレスの反発力や硬さ、耐久性などを備えた高反発のマットレスで腰の痛みを緩和しながら健康的で快適な睡眠を確保する事が出来ます。

高反発のマットレスで寝る事で腰痛が軽くなり、寝起きがスッキリするなどと悩みを解消する方達が増えているほどに人気があります。

通気性に優れ、自然な寝返りが打つ事ができる高反発の特性を生かしたマットレスで体を支えながら気持ち良く睡眠をし、腰痛で悩んでいる方でも毎日の睡眠をサポートする事が期待できます。